コーヒー豆について

生豆は薄い緑色をしていることから『グリーンコーヒー』と呼ばれています。
この生豆が収穫される様子をちょっとのぞいてみましょう。



収穫:
真っ赤に熟した実は『コーヒーチェリー』と呼ばれていす。
収穫時には、人の手で熟した実を選び一粒ずつ丁寧に摘んでいきます。
但し、熟しきるまでが10日ほどの為、急いで摘み取らなけ
ればなりません。
精製:
収穫された実から、果肉・外皮を取り除き生豆の状態にすることを精製と呼ばれております。
産地によって精製方法が異なります。
/綫式
水槽の中に収穫した実を入れ、上に浮かんだ粗悪な実やごみを取り除きます。
一昼夜水槽につけて粘着質部分を発酵させます。
その後水に沈んだ完熟豆を天日で乾燥させ、出荷前に脱穀機で内殻を取り去ります。
【主な利用産地】
コロンビア、メキシコ他の中南米、ケニア、タンザニア、
ジャマイカ、ハワイなど
非水洗式
収穫した実を広場に広げ天日でカラカラになるまで2週間程度乾燥させ、出荷前に脱穀機で内殻を取り除きます。
【主な利用産地】
ブラジル、エチオピア、 インドネシアなど
等級選別:
検査には国ごとの厳しい基準があり、「外観(大きさ・色・艶)、味、香り」などに合格した生豆のみが等級選別され、私たちの元へ運ばれていくのです。