コーヒー豆の保存方法

コーヒーの生豆は仮死状態のようですが、一旦焙煎されると生命を取り戻し生鮮食品になります。
焙煎されたコーヒー豆は、日が経つにつれ香りや味わいが落ちてしまうため、正しく保存して下さい。

光・温度・湿気に注意
いつまでも新鮮な状態で保つための完璧な方法は、残念ながら未だ考え出されておりません。 コーヒー豆を保存する上で最も大切なことは、光・温度・湿気のないところに置くことです。

密閉して冷凍庫に保存

密閉できる容器などで冷凍保存をおすすめ致します。 多少は香りや味わいの劣化を防ぐことが可能です。



ちなみに、珈琲は本来アルカリ性ですが、鮮度が落ちると酸化して酸っぱくなり胃に負担を与えてしまいます。出来るだけ新鮮なうちに早く飲まれることをおすすめ致します。

「美味しい珈琲がのみたい」とするなら、焙煎後の珈琲豆は、野菜や魚などの生鮮食品と同じ扱いをして下さいね。